遠隔支援コミュニケーションツール 現場をもっと
スマートに

2020年9月末リリース予定!
モニター募集中

遠隔地にいる管理者と
現場担当者をつなぐ
新しいコミュニケーションツール

こんな方へおすすめ

現場に行けない/遠い

物理的に現場に行く事ができない、または移動に時間がかかって非効率

指示が伝わらない

電話でのコミュニケーションでは正確な指示が現場に伝わらない

人手が足りない

人手不足や技術者の高齢化で現場に必要な人が足りていない

SynQで出来ること

遠隔にいながら
ビデオチャット

ポインタや描画を使って
指示が可能

スクショした内容を
そのままレポートに

利用の流れ

1

AR通話をかける

2

ポインタや描画を使って
相手に指示

3

遠隔地の情報を
スクリーンショットで撮影

4

スクショを使って
レポート作成

SynQの特徴

移動時間を大幅にダウン

移動コストダウン
遠隔地にいながら
隣にいるかのような
指示が可能

お互いが遠隔地にいても、現場の映像や図面といった同じ情報を見ながら会話が可能になります。さらに、画面上でポインタにて指示、またスクリーンショットにお絵かきをすることで伝えたい指示を的確にだすことができます。

コミュニケーションの効率化

グループチャットで
複数間での確認が可能に

関係者の多い現場作業。これまで1つのことを決定するために、複数人の確認を個別にとる必要がありましたが、グループチャットなら1度の確認でOK!現場での会話の言った言わないのトラブルの防止にもつながります。

シンプルなデザイン

シンプルだから
誰でもカンタンに
すぐに使いこなせます

多くの、いろんな立場に使っていただくことを想定して、SynQはとてもシンプルで、誰でもすぐに使い方がわかるUIを採用。普段あまりITになじみがない方でもすぐに慣れていただくことが可能です。

コスト削減率

約2か月間の実証実験を通して、主に現場事務所と施工現場との間の
コミュニケーションのために要する時間を大幅に短縮できるという結果に ※ 株式会社クアンドと三谷産業株式会社での実証実験結果

現場管理者の
主な仕事は
現場確認などの
情報確認・共有

1日に何度も起きる
現場と事務所の往来が
不要に

移動時間の削減により
現場管理者の生産性が
向上

機能一覧

ポインタ

スクリーンショット

お絵かき

画面共有

音声テキスト化

チャット