全国の複数店舗の管理に。マネージャーの移動時間を大幅削減。

有限会社ブランジェリークラウン

部署:ミニヨン 黒崎駅店
https://mignon-mini-croissant.com/
クロワッサンの焼き加減をチェック

有限会社ブランジェリークラウン

部署:ミニヨン 黒崎駅店
https://mignon-mini-croissant.com/

業種

食品製造業・小売業

利用シーン

焼き上がりの品質チェック・トラブル対応

利用する人

店舗従業員と本社のエリアマネージャー

使用端末

PC・iPhone

利用場所

全国に展開する11店舗

主な利用機能

ポインタ機能

遠隔撮影

録画

電話と同じ
発着信

写真管理

Before

課題

  • 店舗が県内だけでなく全国に展開するにつれ、エリアマネージャーが足を運んで管理するのが難しくなってきた

 After

導入効果

  • 移動回数と移動時間を減らし、エリアマネージャーの時間を有効活用できるように

弊社はミニクロワッサン専門店「MIGNON(ミニヨン)」の運営を行っている会社です。全国に11店舗あり、主には駅に併設された店舗でミニクロワッサンをご提供しています。クロワッサンのサイズも小さく、味も様々なバリエーションがあるので、通勤・通学のおやつで食べたり、顧客先へのお土産などでご購入する方も多いです。


福岡県を中心に店舗展開していましたが、ここ数年で九州の各県(熊本・宮崎・大分・鹿児島など)に店舗を展開し、昨年度からは関東・関西(池袋・梅田・横浜など)にも店舗を展開しております。また、来年以降は海外展開も計画しております。

 

そのような店舗展開が進む中で、各店舗の品質管理・現場管理でSynQRemoteを利用しています。クロワッサンの出来上がりの状況だけではなく、店舗の清掃状況やクレーム対応など、店舗運営に重要な部分については本社のエリアマネージャーが現場の様子を見ながら判断しています。各店舗と本社のエリアマネージャーをSynQRemoteで繋いで、現場の指示がいつでも、どこからでも行えるようにしています。

マニュアル通りではない焼き加減

ミニヨンでは美味しいクロワッサンを召し上がっていただけるよう、各店舗で焼きたてをご提供しているのですが、パンは湿度や温度によって生地の状態が変わるため、「マニュアル通りに焼けばいい」わけではありません。しっかりと最終製品の品質を見ながら、焼き時間や焼き方をコントロールする必要があります。また、品質チェック以外にも清掃、接客、トラブル対応など、そのときの状況を総合的に判断すべきものが店舗運営には多く、それらをエリアマネージャーが直接現場に行き、判断・指示していました。

 

これまでは限られたエリアにしか店舗がなかったので、全店舗をエリアマネージャーが定期的に訪問し、現場管理・品質管理・トラブル対応をすべて行っていました。しかし、店舗数の増加とエリア拡大に伴い、ひとりの管理者がすべての店舗まで足を運んで現場を管理するのが難しくなりました。

 

写真やチャットを活用して現場管理を行おうと試みてみましたが、同じようなクロワッサンが並ぶ中で「このクロワッサンの、ここの部分の焼き色がよくない」「ショーケースのここが汚れている」などの指示がリアルタイムでは難しく、苦労していました。写真やチャットでのコミュニケーションは、事後報告には十分なのですが、その場ですぐに解決しなければいけない問題も現場には多くあり、そういった課題を解決できるツールを探していました。

IMG_6095

店舗数が増えても専用デバイス不要でらくらく

スマホで簡単に始められ、直感的に誰でも使え、導入コストも高くないところが決め手でした。各店舗のスタッフのなかにはITリテラシーが高くない人も多く、操作が難しいと現場で定着しないだとうなと思っていましたが、SynQRemote(シンクリモート)はLINEのように直感的に使えるので、現場の人たちでも使いこなせると思います。また、エリアマネージャーも全国を忙しく移動しているので、オフィスに戻ってPCを開かずとも出先の現場からすぐにスマホで対応できるのは便利だと感じています。

 

また、今後は店舗数も増えていく予定なので、専用デバイスが必要だったり、費用が高価だと全店舗での導入が難しくなります。SynQRemote(シンクリモート)は非常に良心的な価格帯であり、今後拡大するであろう弊社のビジネスにも合致するなと思いました。

また、これは機能ではありませんが、スタートアップの製品なので、機能改善が早いことも製品を選ぶ上で評価したポイントでした。何かしら新しい機能が毎月リリースされ、利便性が増していくので、今後はもっと効率化が期待できるのではないかと思っています。

PXL_20220314_053751588.PORTRAIT

移動に使っていた時間を有効活用

エリアマネージャーは、定期的な店舗訪問だけではなく、突発的なトラブル対応で呼び出されることも多く、かなりの時間を「移動」に使っていました。これがSynQRemote(シンクリモート)により現場までの移動回数と移動時間が減らせたので、かなりエリアマネージャーの時間を有効活用できるようになったと思います。

 

また、現場への指示内容(動画)や写真が店舗ごとのフォルダに自動的に保存されるため、あとから見返したり、上司に報告するための資料作成に写真を使ったりすることもでき、非常に便利だなと感じています。またトラブル対応を新人に見せながら説明することもできるので、社内の教育・トレーニングにも使えると思っています。

 

SynQRemote(シンクリモート)は複数人での通話も可能なので、現場とエリアマネージャーだけで解決できないものについては、本社にいる常務をその場で繋いで判断を仰いだりすることもできるので、会社全体の情報共有に役立っていると思います。

 

 

 

 

デモ・ご利用事例・
料金プランの
説明を
Webで行なっています。


お気軽にお申し込みください。